埼玉県で評判の太陽光発電パネル設置業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

太陽光発電の設置費用はどれくらい?費用を抑えるコツも紹介!

公開日:2021/09/15

固定価格買取制度(FIT制度)により、太陽光発電システムは急速に導入が進んでいますが、設置費用はどれくらいかかるのでしょうか。また、設置費用が予想以上に高額だった場合は、設置費用を抑えることができるのでしょうか。そこで今回は、太陽光発電を構成しているパーツや設置費用に加え、費用を抑えるコツを紹介します。

太陽光発電はどんなパーツで成り立っている?

太陽光発電システムは、一般的によく目にするソーラーパネルの他に様々な機器で構成されています。ここでは、太陽光発電システムの構成パーツを紹介します。

太陽電池モジュール

太陽電池モジュールは、一般的には「ソーラーパネル」や「太陽光パネル」と呼ばれているもので、太陽光エネルギーがパネル状の太陽電池モジュールにあたり、そのエネルギーを電気エネルギーに変換する発電装置です。太陽電池モジュールは、セルという最小単位の構成部品がブロックのように配線、配列されたものの集合体で、発電の役割を担っているものがセルになります。太陽光発電システムの中でも代表的なパーツである太陽電池モジュールは、固定買取価格制度(FIT制度)により太陽光発電システムは急速に導入が進み、住宅の屋根に設置されている太陽電池モジュールをよく目にするようになりました。

架台・接続箱

太陽電池モジュールを屋根に固定するためには架台が必要です。屋根に金具を取り付けその上に架台を置くことで太陽電池モジュールを設置できます。また、太陽電池モジュールから伸びる多数の配線を、1つにまとめてパワーコンディショナーに接続するためには、接続箱が必要になります。

パワーコンディショナー

パワーコンディショナーは、太陽電池モジュールで発電された直流の電気を家庭で使用できるように交流の電気に変換する役割のあるパーツです。通称「パワコン」や「PCS」と呼ばれ、直流から交流に変換するインバーターの役割だけでなく、災害時の停電に対応するために電力会社から系統連系を切り離し、太陽光発電システムを独自で運転させる自律運転機能も兼ねています。

分電盤

分電盤は、パワーコンディショナーで変換された交流電流を、住宅内の各部屋で使用できるように分配する役割があるパーツです。また、家庭で使い切れない余剰電力を、電力会社に売電するために送電線に流す役割もあります。

電力量計・モニター

電力量計には電力会社に売電した電力量を計測するものと、電力会社から購入した電力を計測する買電メーターがあります。また、モニターを設置することで発電量がチェックでき、売買電の状況もわかるので、節電に対する意識が高まります。

太陽光発電の設置費用はどのくらいかかる?

太陽光発電システムの設置費用の目安は、120万~171万円くらいとなります。太陽光発電システムは、設置場所の面積や屋根材の種類など様々な条件にぴったり合わせたオーダーメイドになりますので、価格に幅があります。1kWあたりの価格はメーカーによって違いがありますが、24万~35万円くらいとなっています。1kWあたりの価格はkW単価とも呼ばれ、kW単価は工事代や諸経費を含めた設置費用の総額÷パネルのkW数で求めることができます。

例えば、設置費用の総額が130万円でパネルのkW数が5.00kWだった場合は、130万円÷5.00kW=1kW26万円となります。太陽光発電システムを導入する際は、初期費用だけではなく毎月の発電量や売電収入のバランスも考える必要があり、kW単価が目安としてよく用いられます。

パネルのkW数が大きくなると初期費用は高くなりますが、発電量は増えるため、毎月の電気代を削減できたり、売電収入が増えたりといったメリットがあります。そのため、2kWで設置費用が70万円と3kWで設置費用が100万円だった場合を比べると、初期費用では前者の方が安いですが、発電量は後者の方が多いため、長いスパンで考えると後者の方がお得になるというケースがあります。ですので、初期費用の安さだけで考えず、そのプランでの発電量や売電収入を考えて導入するとよいでしょう。

太陽光発電の設置費用を抑えるコツ

太陽光発電で売電収入が得られるとはいえ、やはり設置費用は安いに越したことはありません。ここでは、太陽光発電の設置費用を抑えるコツを紹介します。

相見積もりを取る

太陽光発電を設置する際は、1社だけの提案と見積もりで判断せず、複数の業者に見積もりしてもらうようにしましょう。複数の業者に見積もりしてもらうことで、相場価格がわかりますし、その中から施工費用が最も安い業者を選ぶことができるようになります。営業マンの巧みなトークでうまく乗せられて契約してしまうと、実は相場価格より100万円以上高かったということも実際にあるので注意が必要です。

海外メーカー

設置費用を少しでも安くしたい場合は、海外メーカーを選ぶとよいでしょう。海外メーカーには、カナディアンソーラーやQセルズといった世界規模でソーラーパネルを量産しているメーカーあり、国内メーカーに比べると圧倒的に低価格となっています。そのため、国内メーカーを選ぶより海外メーカーを選んだ方が設置費用を抑えることができます。品質よりも設置費用を重視している方は、海外メーカーを選択肢に入れることがおすすめです。

自社施工会社に依頼する

太陽光発電システムの販売だけをしている販売店ではなく、販売と施工の両方を行っている自社施工会社に依頼することで、設置費用を抑えられることもあります。販売店に依頼すると、下請けの施工業者が工事をするので、お互いに利益を得るために中間マージンが発生します。しかし、自社施工会社に依頼すると中間マージンは発生しないため、その分費用を抑えることができます。また、自社施工会社の場合は、営業担当と施工担当とでうまく連携がとれているため、発注ミスなどのトラブルが少ないというメリットもあります。

 

太陽光発電システムを構成しているパーツには、太陽電池モジュール、架台、接続箱、パワーコンディショナー、分電盤、電力量計、モニターがあります。太陽光発電を設置する費用の目安は120万~171万円で、1kWあたりは24万~35万円となっていて、初期費用だけでなく売電量なども考慮して導入する必要があります。設置費用を抑えるコツは、相見積もりを取る、海外メーカーを選ぶ、自社施工会社に依頼することです。

【埼玉県】おすすめの太陽光発電業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社神谷サンプラス株式会社日本エコシステム株式会社メデア 株式会社グリムスソーラー新日本住設株式会社
特徴太陽光発電システムを20年以上提供してきた実績がある既築住宅において、4万2,000棟以上というトップクラスの施工実績を持つ自然エネルギーについて本気で考え、高コスパを実現太陽光カーポートやV2Hなど、幅広く太陽光を活用できるのべ1万件超の実績があり、保証も充実している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧