埼玉県で評判の太陽光発電パネル設置業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

自宅に太陽光発電を設置するメリット・デメリットとは?

公開日:2022/09/15


太陽光という自然エネルギーを使って電気を創る太陽光発電。自宅に太陽光発電を設置しようか検討中の方も多いでしょう。しかし、太陽光発電を設置するなら、具体的な仕組みとメリット・デメリットを把握しておく必要があります。この記事では、太陽光発電の仕組みと、自宅に設置するメリット・デメリットをご紹介します。

太陽光発電の具体的な仕組み

太陽光発電を設置する前に、太陽光発電の具体的な仕組みを理解しておきましょう。

太陽光エネルギーが電気に変わるまで

太陽光発電は、住宅の屋根に「ソーラーパネル」を設置します。このソーラーパネルの中には、たくさんの太陽電池が接続されています。そしてソーラーパネルに太陽光が当たると、直流電気を発電します。しかし、直流電気のままでは住宅で電力としては使えません。

そこで登場するのが「パワーコンディショナー」という機器です。ソーラーパネルで発電された直流電気は、パワーコンディショナーに流れ、一般住宅で使える交流電気に変換されます。その後、家の中に電気として流れてきて、生活に使えるのです。

余剰電力は売電、足りない電力は買電

太陽光発電で発電した電力を家の中で使い、それでも電力が余った場合は、余剰電力として電力会社に売ることができます。また、太陽光発電で発電した電力だけでは足りないときや、夜間や雨の日などで電力を全く発電できない場合は、電力会社から電力を買電します。この売電量や買電量は「HEMS」という機器で確認が可能です。電力をどのくらい発電してどのくらい家の中で使っているのかを可視化できるため、節電への意識も高まります。

自宅に太陽光発電を設置するメリット

ここからは、自宅に太陽光発電を設置するメリットを見ていきましょう。

電気代を抑えられる

太陽光発電を設置するメリットとして最も大きいのが、電気代を抑えられる点です。全国で太陽光発電を導入している家庭では、年間平均4万8,308円ほどの電気代が節約できています。太陽光発電によって自家発電した電気を使うため、必然的に電気代が安くなります。

売電による利益が生まれる

太陽光発電では、余剰電力を電力会社に売電することで利益が生まれます。余剰電力を電力会社に売電できる仕組みは、FIT制度というものです。FIT制度を利用すれば、太陽光発電を導入してから10年間は、余剰電力を固定価格で電力会社が買い取ってくれます。2021年度のFIT制度による買取価格は、1kWhあたり19円です。

停電時の非常用電気になる

太陽光発電は、災害などで停電したときの非常用電気にもなります。パワーコンディショナーに搭載されている自立運転機能を使うことで、停電時でも、太陽光発電で発電した電力を1,500Wまで使えるのです。したがって、太陽光発電の設置は災害への備えにもなります。

CO2排出削減で地球に優しい

太陽光発電は、太陽光という自然エネルギーから発電をするため、通常発電時に排出されてしまうCO2を排出しません。そのため、太陽光発電で自家発電した電気を使うことで、地球に優しい生活を送れるのです。

自宅に太陽光発電を設置するデメリット

メリットが多い太陽光発電ですが、デメリットもあります。これから設置する方は、必ずデメリットも頭に入れておきましょう。

ソーラーパネル設置場所の確保

太陽光発電を設置するには、ソーラーパネルの設置場所を確保する必要があります。また、屋根の形によってはソーラーパネルを設置できないケースもあるでしょう。これから家を建てると同時に太陽光発電の設置もしたいという方は、ソーラーパネルが設置できる形状の屋根にしてください。さらに、すでにある屋根にソーラーパネルを設置するには、屋根を加工しなければなりません。瓦屋根の場合は瓦を外し、スレート屋根の場合は屋根に穴を空けます。

導入コストが高い

太陽光発電は、導入コストが高いというデメリットがあります。一般住宅で太陽光発電を設置するときは、84万~140万円が相場といわれています。電気代を節約できたり、余剰電力を売電して利益を得られたりするなどのメリットもありますが、導入するときはそれなりのコストがかかるのです。

メンテナンスが必要

太陽光発電も一つの機器なので、時間の経過とともに劣化してしまいます。そのため、定期的な点検と、適切なメンテナンスが必要なのです。2017年には、太陽光発電のメンテナンスは義務化されています。一回のメンテナンスでかかる費用はおよそ5万円程度とされているため、太陽光発電の経費として把握しておきましょう。

季節や天候で発電量が変わる

太陽光発電は、季節や天候によって発電量が変わってしまいます。梅雨などで雨が多い季節や、冬の日照時間の短い季節は、どうしても発電量が少なくなってしまうのです。そのため、1年中毎月同じように発電できるわけではないということを頭に留めておきましょう。

反射光で近隣トラブルになることも

太陽光発電は、太陽光がソーラーパネルで反射してしまい、反射光が発生することがあります。この反射光が近隣住宅の建物や窓にあたってしまうと、苦情の原因にもなるのです。ただし反射光は、ソーラーパネルを南側に設置すれば上向きになるため、近隣の住宅にあたることはありません。また、反射光が発生しにくいコーティングが施されたソーラーパネルも販売されています。太陽光発電を設置する際は、反射光によるトラブルが生まれないように対策をした上で設置しましょう。

まとめ

太陽光発電の具体的な仕組みと、設置することで生まれるメリット・デメリットをご紹介しました。地球温暖化が深刻になっている今、太陽光発電は、自宅でも大きく環境問題に貢献できる設備の一つです。そんな太陽光発電を導入するときは、太陽光発電の具体的な仕組みと、メリットやデメリットをよく理解した上で設置することをおすすめします。

【埼玉県】おすすめの太陽光発電業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社神谷サンプラス株式会社日本エコシステム株式会社メデア 株式会社グリムスソーラー新日本住設株式会社
特徴太陽光発電システムを20年以上提供してきた実績がある既築住宅において、4万2,000棟以上というトップクラスの施工実績を持つ自然エネルギーについて本気で考え、高コスパを実現太陽光カーポートやV2Hなど、幅広く太陽光を活用できるのべ1万件超の実績があり、保証も充実している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧