埼玉県で評判の太陽光発電パネル設置業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

O&Mって何?契約するメリットとサービス内容について解説!

公開日:2022/10/15


太陽光発電システムの普及が進む中、同時に不具合などのトラブルも増えています。システムにはパネルやパワーコンディショナーなどの精密機械が必要なので、定期的なメンテナンスが必要になるでしょう。ただ最近はO&Mという運用管理や保守点検の考え方が一般的になりつつあります。今回はO&Mの概要やメリットについて解説します。

太陽光発電のO&Mとは

太陽光発電システムの導入を検討している中でO&Mという言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。そもそもO&MとはOperationandMaintenanceの略であり、日本語に訳すと運用管理と保守点検という意味になります。

あまりイメージがつきにくいかもしれませんが、わかりやすくいうと、太陽光発電システムの運用を適切に管理し、トラブルが起きないように定期的に点検を行うというものです。太陽光発電システムというのは太陽光発電パネルとパワーコンディショナーなどの機械から成り立っており、経年劣化や使用環境による故障が絶対にないとは言い切られないのです。そこで、O&Mという考えが普及し、昨今の太陽光発電システムでは採用されつつあります。

なぜO&Mが必要なのか

O&Mの概要や特徴は理解したものの、そもそもなぜ必要なのか、疑問に思われる方もいるでしょう。O&Mが普及した背景には改正FIT法があります。2017年に改正法が施工されたFIT法には「太陽光発電事業として、適切な保守管理・維持管理を行うこと」と記載されています。

つまり、太陽光発電事業を行う企業は保守管理や維持管理も併せて行わなければならないのです。改正法以前では一定の安全基準を満たしていれば、とくに管理についてはルール化されていなかったのですが、長期的な安定稼働を目指すことから改正FIT法が施工されて、保守管理や維持管理が義務付けられました。

この法律は強制力が強く、適切な維持管理が行われていないと認定された場合、改善命令が下されたり、最悪の場合は認定が取消になったりしてしまう可能性もあるのです。そのため、太陽光発電システムを所有している場合はO&Mが必ず必要になります。

サービス内容と必要なコストについて

O&Mは運用管理や保守点検を軸にしていますが、そもそもそれぞれはどういったことを意味しているのでしょうか。太陽光発電における運用管理は主に発電量の監視と障害時の復旧対応です。どれくらい発電されているのか、発電量に異常がないかをモニタリングするのが目的です。

そして、障害時の対応では、何らかのトラブルが起きたときに対応するイメージです。発電量を監視しているときに、明らかに異常な数値が出ている場合はトラブルが発生している可能性が高いので、復旧対応を行います。

一方、保守点検では、機材の定期点検と敷地のサイト管理の2つに分かれています。定期点検のスパンは業者によって異なるものの、基本的には6か月ごとや1年ごとに行うのが一般的です。定期点検を通して、問題が起きていないかを調査し、トラブルが発生している場合は早期発見につながります。

また、サイト管理については、土地や敷地の管理を行うのが目的です。とくにもともと山林や農地だったところでは、雑草が生えやすいので、防草対策が必要になります。というのも、草木が大きくなりすぎると、太陽光パネルに被ってしまい、効率的に発電できなくなってしまうのです。そのほか、土地にゴミが捨てられていないかなどの確認も行います。

設置前にランニングコストについても考えよう

太陽光発電は太陽の力で発電できるので、売電収入を見込めます。とはいえ、運用管理や保守点検など、ランニングコストがかかるので、総合的にしっかりとシミュレーションしなければなりません。たとえば、パワーコンディショナーなどの機材の点検費用は1回あたり2万円が相場になっています。

ただ、太陽日光発電システムのメーカー保証が付いている場合は、無料で点検、修理してくれる場合も少なくありません。ただ、保証範囲外の修理については高額な修理費用がかかることもあるでしょう。

たとえば、パワーコンディショナーについては1基あたり10万円、メーター交換については5万円以下ということが多いです。さらに、保証期間を延長する場合は延長費用がかかるほか、保証範囲を広くするには追加費用がかかることもあります。太陽光発電システムはあくまでも機械なので、メンテナンスが必要なのはもちろん、半永久的に使えるわけではありません。そのため、設置前にどのくらいの点検、修理費用がかかるのか確認しておくことをおすすめします。

まとめ

太陽光発電システムを採用すれば、売電収入を見込めるでしょう。しかし、発電量のチェックや土地の管理、さらに機材の点検やメンテナンスについては想像よりもお金がかかってしまうことがあります。とくに、パワーコンディショナーなどの重要部品が故障した場合は、10万円以上の修理代がかかることもあるのです。そのため、設置前にどれくらいのランニングコストがかかるのかをシミュレーションした上で導入を検討しましょう。

【埼玉県】おすすめの太陽光発電業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社神谷サンプラス株式会社日本エコシステム株式会社メデア 株式会社グリムスソーラー新日本住設株式会社
特徴太陽光発電システムを20年以上提供してきた実績がある既築住宅において、4万2,000棟以上というトップクラスの施工実績を持つ自然エネルギーについて本気で考え、高コスパを実現太陽光カーポートやV2Hなど、幅広く太陽光を活用できるのべ1万件超の実績があり、保証も充実している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧