埼玉県で評判の太陽光発電パネル設置業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

太陽光発電って安全?クリーンエネルギーの利用と安全対策

公開日:2023/11/15

太陽光発電は太陽光をもとに電気を作り出すシステムで、発電の際に排気ガスや騒音、有害な物質を作り出すことがないクリーンなエネルギーです。再生可能で持続可能、かつ環境に優しい特徴が評価され、SDGsを満たす発電方法としても注目されています。今回はそんな太陽光発電の安全性に注目して、仕組みや安全対策を解説します。

太陽光発電の安全性

太陽光発電はクリーンで持続可能なエネルギー源として注目されています。クリーンエネルギーは、地球環境への影響が少なく、再生可能なエネルギー源のことです。クリーンエネルギーを活用することで、地球温暖化や大気汚染の抑制に寄与し、持続可能な社会の実現に向けた重要な役割を果たすことが可能です。

クリーンエネルギーには太陽の光をエネルギー源とする太陽光発電以外にも、風の力を活用する風力発電、水の力を活用する水力発電、マグマの力を活用する地熱発電、植物や動物由来の有機物を活用するバイオマス発電などがあります。いずれの発電方法も再生可能・持続可能で、従来の発電方法と比較して地球環境への負荷が少ない反面、デメリットや課題点も併せ持っています。

たとえば風力発電は風の強弱による発電量の変動や、風車の運転音が近隣住民に与える影響がデメリットに挙げられます。水力発電はダム建設による環境への影響や生態系への影響、バイオマス発電は燃料確保の困難さと発電時の排出物の影響が問題視されています。これらの発電方法をうまく組み合わせたり技術開発を進めたりすることで、課題を解消し現代人の生活をよりよく支える発電方法へブラッシュアップしていくことが期待できます。

そんなクリーンエネルギーのなかでも、今回スポットを当てている太陽光発電は非常にシンプルな仕組みで動作するため、運転中の爆発や火災のリスクが低く、安全性が高いことが特徴です。また、燃料を使用しないため二酸化炭素や有害物質を排出しないクリーンなエネルギーとしても高く評価されています。ただし、正しい設置と運用が必要であり、適切な安全対策を講じることが重要です。

太陽光パネルの管理と点検

次に太陽光パネルの管理と点検についてです。太陽光発電所は2011年の東日本大震災以降は、従来の化石燃料に代わる電源として注目され、国によるFIT制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)導入などにより、一般人による投資目的の太陽光発電所の建設が増加しました。

太陽光発電は普及の黎明期に「メンテナンスフリー」と謳われ、清掃や点検などが不要であることが長所として売り出されています。この理由は他の発電方法に比べて発電のメカニズムがシンプルで、故障につながる可動部分がないためです。

しかし台風や土砂崩れ、地震などによってパネルが物理的なダメージを受ければ、当然発電力にも影響が発生します。状況によっては破損したパネルが原因で、火災や感電などのトラブルに発展することもあり、そのような場合には修復が必要です。

他の発電方法と比較して事故や故障のリスクは低いとはいえ、安全に運用するためには、定期的な管理と点検が欠かせません。それにもかかわらず「メンテナンスフリー」神話を鵜呑みにする所有者が多いことが問題視され、現在は発電所の所有者には定期的なメンテナンスや点検が義務付けられています

太陽光パネルを点検することは故障を防ぐだけでなく、発電効率の低下や機器の劣化を早期に発見することにもつながります。太陽光パネルの表面にほこりや汚れがたまっていないか定期的に目視や清掃することで、発電量低下のリスクを下げ、システムを健やかな状態に維持できます。

太陽光パネルの汚損は、システムが設置された環境によっても頻度・程度が変わります。とくに雨の多い地域や砂埃が立ちやすい環境では頻繁な清掃が必要です。太陽光パネルをきちんと管理できていれば、パネルの劣化や損傷、異常な発熱などを早期に検知し、対処できます。

雨やほこりの洗浄、配線の点検、パネルの表面のチェックなど、専門家による定期的な点検がおすすめです。また、豪雨や台風などの自然災害に対しても適切な防災対策が必要です。

太陽光発電施設の安全対策と事故予防

太陽光発電施設の安全対策は、発電所全体の運用を安全に保つために欠かせません。施設内の安全看板の設置や施設周辺の遮断、定期的な安全研修などが重要です。運用中に事故が発生するリスクを低減するため、適切な訓練を受けたスタッフが管理にあたることも大切です。予期せぬ事故を防ぐために、運用ルールの徹底や安全意識の向上を図りましょう。

まとめ

太陽光発電はクリーンエネルギーとして大きなメリットを持ち、適切な安全対策を講じれば安全に運用することが可能です。「メンテナンスフリー」をうのみにせず、パネルの状態を定期的に確認し適切なメンテナンスを実施すれば、安全性とシステム効率の維持が期待できます。

安全面においては、特に災害前後の対策が重要です。パネルがダメージを受けて破損した場合は火災や感電の危険性があるため、早急にメーカーや販売業者などに連絡して修理しましょう。

【埼玉県】おすすめの太陽光発電業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社神谷サンプラス株式会社日本エコシステム株式会社メデア 株式会社グリムスソーラー新日本住設株式会社
特徴太陽光発電システムを20年以上提供してきた実績がある既築住宅において、4万2,000棟以上というトップクラスの施工実績を持つ自然エネルギーについて本気で考え、高コスパを実現太陽光カーポートやV2Hなど、幅広く太陽光を活用できるのべ1万件超の実績があり、保証も充実している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
太陽光発電コラム