埼玉県で評判の太陽光発電パネル設置業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

太陽光発電を設置するのに適したタイミングはいつ頃?

公開日:2022/07/15


停電などのリスク回避や売電など、多くのメリットをもつ太陽光発電ですが、設置をするのに適したタイミングはいつなのでしょうか。設置のタイミングは新築の工事中か、後付けで設置をするか、その2つのケースが考えられます。新築時がよいのか後付けがよいのか、太陽光発電を設置するタイミングと、双方のメリットとデメリットを解説しましょう。

太陽光発電を新築時に取り付けるメリット

新築住宅を建築する際、太陽光発電の設置を施工工程のなかへ、あらかじめ組み込むケースはとても多いです。新築時に太陽光発電を取り付けるメリットとして、以下の内容が考えられます。

太陽光発電設置費用を住宅ローンに含むことができる

新築施工時に太陽光発電を設置すれば、太陽光発電の設置費用と新築住宅購入にかかる費用をひとつにまとめて住宅ローン申請ができます。住宅ローンは金利が安いため、最終的に総費用を抑えることが可能です。

設置場所や屋根の設計、角度など、発電量を見越した建築プランが作れる

あらかじめ、太陽光発電を設置することを見据えた上での建築プランが立てられます。発電量が見込める屋根の角度や形状、太陽光パネル以外で必要となるパワーコンディショナー、蓄電池などの機械を設置する敷地スペースを考慮した、建築プランを作れるでしょう。

総工費を抑えられる

新築施工時に太陽光発電を設置するので、後日あらためて足場を組む必要もなく、総工費を抑えられます。

太陽光発電を新築時に取り付けるデメリット

太陽光発電を新築時に設置するにはメリットがある反面、デメリットもあります。注目すべきデメリットは以下の内容です。

太陽光発電の設置ありきで設計プランを組むため、制約が出る可能性がある

太陽光発電の設置をすることを前提として設計プランを考えるため、気に入った設計プランがあっても、妥協しなくてはならないポイントが出てくるかもしれません。たとえば、気に入った設計プランを押し通すと発電効率が悪かったり、敷地内にパワーコンディショナーなどの機械を置くスペースが取れなかったりすることもあるでしょう。しかし、太陽光発電の設置を優先すると、設計プランで妥協しなくてはならない可能性があります。

業者を選べないケースが多い

新築施工を行うハウスメーカーや工務店によっては、太陽光発電の設置を行う業者が決まっていて、こちらで選ぶことができない可能性があります。気に入った業者を見つけていても依頼ができないケースがありますので、注意しましょう。

太陽光発電を後付けするメリット

新築時ではなく、引き渡しを受け、住み始めた後だったり、中古住宅に住んでいる人だったり、太陽光発電を後付けで設置する人も多いです。後付け設置にも多くのメリットがありますので、各メリットを説明していきます。

固定資産税が安くなる

住宅内に組み込まれている設備や、住宅の一部と捉えられると、固定資産税は高くなります。新築施工時に太陽光発電を設置すると、住宅の一部として捉えられ、固定資産税は上がります。しかし、後付けであれば機械の取り外しができるという証明になるので、固定資産税に含まれないのです。

時間に余裕があるため、製品をじっくり選ぶことができる

新築施工の際は施工スケジュールが決まっているため、製品選びにも期限があります。その点、後付けであれば期限もないため、じっくりと時間をかけて、より気に入った製品や機械の仕様を検討した上で、選ぶことができるでしょう。

屋根のメンテナンスタイミングで設置を行える

定期的に行う屋根のリフォームやメンテナンスのタイミングで、同時に太陽光発電の設置を行うことができます。屋根は定期点検を行い、必要なメンテナンスを行わないと雨漏りだったり、カビが生えたりするなど、建物全体に大きな影響が出るかもしれません。したがって、屋根は10年程度でメンテナンスを行うのですが、その機会をうまく利用し、太陽光発電の設置を行えば、別途で足場を組む必要もなく、屋根メンテナンスと同時進行で設置を進められるので、工費を抑えることができます。

業者の選択肢が多く、選びやすい

太陽光発電の後付け設置を請け負う業者自体は限られていますが、数は多いです。自分の希望や条件にあわせて、あせらずに業者を選びやすいというメリットがあります。

太陽光発電を後付けするデメリット

後付け設置にも、メリットがある反面、デメリットもあります。まとめると以下の内容になるので確認していきましょう。

総工費が増える

大前提として、新築時よりも出費が増えることは覚悟しておく必要があります。新築時に設置をしていれば、あらためて足場などを組む必要はありませんでしたが、後付けではその分の工費がかかるでしょう。

ローン金利が高い

太陽光発電を設置する際にかかる費用をローンで対応した場合は、ソーラーローンといわれるローンを組むこととなり、ソーラーローンは住宅ローンよりも金利が高くなります。新築時の住宅ローン内に太陽光発電設置費用を組み込んでしまえば、ローン金利は安く済みますが、後付けの場合は住宅ローンに組み込むことはできません。

設置ができるかどうか

そもそも設置ができるかどうかの確認が必要です。設置はできても充分な発電量が見込めなければ、設置すること自体を断念したほうがよいでしょう。太陽光発電は太陽光パネルだけではなく、パワーコンディショナーや蓄電池を置く場所が必要となり、敷地内のスペース確保が必要です。また、屋根の形状が設置に向かない場合は屋根を直すための工費もかかります。

 

太陽光発電の設置タイミングは、新築の場合でも後付けの場合でも、双方にメリットとデメリットがあります。新築の場合は工費の部分でメリットはありますが、固定資産税が上がったり、建築プランに制約があったりするでしょう。後付けの場合は、固定資産税がかからず、時間をかけて製品を選べますが、工費の点では新築時よりは不利になる可能性が高いので、一長一短といえるでしょう。設置のタイミングにおけるメリットとデメリットを精査し、どこまで満足度を高められるかが重要です。各ポイントを考慮し、いつ太陽光発電を設置するか、検討することをおすすめします。

【埼玉県】おすすめの太陽光発電業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社神谷サンプラス株式会社日本エコシステム株式会社メデア 株式会社グリムスソーラー新日本住設株式会社
特徴太陽光発電システムを20年以上提供してきた実績がある既築住宅において、4万2,000棟以上というトップクラスの施工実績を持つ自然エネルギーについて本気で考え、高コスパを実現太陽光カーポートやV2Hなど、幅広く太陽光を活用できるのべ1万件超の実績があり、保証も充実している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧